MENU

糖尿病向け宅配食の価格ランキング

このページでは糖尿病向け宅配食を価格で比較。あまりに高いと続けられないので、安さは一つ重要なポイント。

 

ただそもそも美味しくなかったり、数値の改善が期待出来なかったりすると意味がありません。なので糖尿病食としてしっかりカロリーや栄養素が考えられているものに絞っています。

 

また1食当たりの価格ではなく、宅配食ならではの『送料まで含めた価格』でランキングしました。

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング

代表的な商品・価格

カロリー制限(240kcal)気配り宅配食7食(ご飯なし)4,860円(税込)

 

【お試しセット】カロリー調整食200kcalコース7食 (ご飯なし)4,860円(税込)

 

変化が実感できる!【2カ月トライアル】
カロリー調整食200kcalコース7食(ご飯なし)5.292円(税込)×8週

1食あたりのコスパ

おかず4品 648円(税込)〜

送料

お試しは送料無料
定期コースの場合送料半額(350円)

決済方法

郵便振替・コンビニエンスストア(後払い)
代金引換
クレジットカード

ウェルネスダイニングのおすすめポイント!

 

1食当たりの価格は600円ちょっと。ですがお試しの場合は送料無料で、定期コースの場合も常に送料半額の350円とお得。決済方法も豊富で好きな方法を選べるのが嬉しいポイント。今なら定期コースを頼めばたち吉の器も無料で付いてくるのでおすすめです。

 

 

実際に食べてみた感想はこちら

 
 

ミールタイム

ミールタイム

代表的な商品・価格

ヘルシー食おかず 598円(税込)〜
体重が気になる方向けおかず10食セット 5,970円(税込)

1食あたりのコスパ

598円〜(一部498円〜)

送料・その他

950円
合計金額5250円以上で送料無料

決済方法

代金引換
クレジットカード

ミールタイムのおすすめポイント!

 

セットによって値段は違いますが、598円のセットが基本になっています。なので1食あたりの価格では実はウェルネスダイニングよりも安いんです。が、実際に購入する段階で気になってくるのが送料950円。一度にまとめて5250円以上頼めば無料ですが、冷凍スペースがそれだけ取れるかどうかにかかっています。(若干ウェルネスダイニングよりも大きいトレーになっています)また決済方法も代引きとクレジットしかなく、代引きは手数料がかかるため2位としました。

 

ミールタイムの詳細はこちら

 
 

メディカルクック宅食便

メディカルクック宅食便

代表的な商品・価格

糖尿病食200 お試しコース(ご飯なし)6食セット3700円(税込)
糖尿病食240 お試しコース(ご飯なし)12食セット7090円(税込)
糖尿病性腎症食 減塩タイプ 定期お届けコース(ご飯なし)14食セット10970円(税込)

1食あたりのコスパ

620円(税込)

送料・その他

送料は表示価格に含まれる
代引き手数料無料

決済方法

代金引換
銀行振込(商品到着後1週間以内)

メディカルクック宅食便のおすすめポイント!

 

送料・代引き手数料も無料でこの価格。今回3位としていますが一番安いのがメディカルクック宅食便です。ただ当たり前ですが安いだけでは意味がなく、数値の改善や味等他の要素も重要。決済方法も扱いやすいクレジットがなく、また特に口コミ情報がほとんどなかったのが気になり3位としました。値段だけで見ると最もお得感があるので、とにかく安いながらもしっかりした糖尿病食を、という方には向いているかもしれません。

 

メディカルクック宅食便の詳細はこちら

 

実は宅配食というカテゴリの中で価格だけで判断するともっと安い宅配食はあります。ですが、カロリー制限がされていなかったり、管理栄養士の監修ではなかったりと糖尿病食としてはおすすめできないものも多いです。

 

今回挙げた3つはどれを選んでも糖尿病食としてしっかり結果を出せるものになっています。価格的にはそれほど変わらないので、後はお試ししてみて自分に合うものを選ぶようにするといいでしょう。

概要

このページでは糖尿病向け宅配食を価格順でご紹介。初回お試し等の特別価格ではなく、続ける場合の1食当たりのコストパフォーマンスでランキング形式にしました。続けるという点では価格も大事なポイントになってきます。いくら味が良かったとしてもあまりに値段が高いと続けることはできません。1食あたりの価格が妥当かどうかというのは大きなポイントです。ただし価格だけで判断しないようにしましょう。あくまで重要なのは健康維持、改善のための宅配食です。自分に合ったピッタリのものをしっかり選ぶのが大事で、価格はその後。安さで選んで美味しくないものやそもそも自分に合っていない調整色を選んでしまっては意味がありません。まずは自分に合ったものを、その上で価格を比べて選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ